トヨノノドリーム、説明会へいってきました!

 

先週土曜日は「トヨノノドリーム」説明会へ

 

>>前回記事

 

図書館が併設された豊野町福祉保健センターへ

こういった説明会は初めて、どんな方々が参加されているのか、どんな雰囲気なのか。

 

正直なところ、この企画の宣伝告知をほとんど見かけなかったので、

参加者は少ないのではないかと不安でしたが、意外にも(失礼)人は集まっており

質問が飛び交うなど、賑やかな雰囲気でした。

 

豊能町は大阪市内と比べて5倍の速度で人口減少が進んでいるという役場の方のお話と

ここでしかできない町づくりの盛り上げ方、発信の仕方などが新しく

役場の方々の新しいことに積極的なイメージが印象に残りました。

 

ここへきて、上手工作所もいろいろなご縁があり、何かの形でかかわることができたらと思っております。

 

写真は帰りに寄った、工事中の新しいオフィスと店舗からの眺めです。

近くでは田植えが始まり、のどかな景色が広がっています。

 

 

 

さて、これからどんなことが起こるのでしょうか~。

 

トヨノノドリーム

秋以降に移転となる、豊能町にて面白い企画が始まっています!
その名も「トヨノノドリーム」

 


 
豊能町で何かを始めたい!という方へ向けて、アイディアを公募し
公開プレゼンテーションの後、
助成金に加え、仲間づくりや情報発信のアドバイスなど、魅力的な支援があるという内容です。

審査員には「くるみの木」主催の石村由紀子さん、地域の文化戦略やコンサルティング活動を展開する甲賀雅章さん、
ランドスケープマネージメントの忽那裕樹さんなどが参加されています。

4つの応募枠を見ているだけでもわくわくしますね。

 

・自由提案枠
・空き家等の多目的利活用枠
・女性活躍の舞台となるマルシェ枠
・図書館活用による地域活性化枠

説明会の応募締め切りは5月7日(土)まで

 

私も参加してみようかな…と本気で考えているスタッフです。
興味がある方は見てみてください。

 

▼豊能町公式HPへ

 

 

ゲンキくん、ありがとう…。

昨日は鉄工職人ゲンキくんのお別れ会でした。

 

 

上手工作所で働いて約5年のゲンキくん。

毎日真っ黒になりながらも頑張って、金物作りに励んでいました。

 

独特の雰囲気を持っていて、なんとなく周りと違う空気が流れている彼は、上手工作所でもなかなか個性のあるキャラクターでした。

でも本当は心優しくて、困っている人を見るといつも「手伝いましょうか?」と気遣ってくれるような素敵な人でした。

 

 

退職の日までの4か月ほどは、社長と現場のお仕事についていたのですが、お別れ会の時にゲンキくんが流した涙の中には、現場の大変さや社長との間に生まれた絆など、色々な意味が含まれていたようで、なんだかあたたかい気持ちになりました。

 

 

 

この度、夢を叶えるために上手工作所から離れることになったのですが、これはお別れではなく通過点です。

 

夢に向かって頑張るゲンキくんに再開する日、きっと彼は一回りも二回りもたくましくかっこよくなっているはず。

私たちも負けずに頑張って、もっとおもしろい、もっと喜んでもらえるようなものを作れるように、これまで以上に努力しようと思います。

 

 

 

 

 

onlineshop

 

Hang!Hang!Hanging!!

 

グリーンがあれば、お部屋の印象ってすごくよくなりますよね。

トップ画像はカーテンレールを天井に取り付け、グリーンや照明を吊下げた写真です。

 


お部屋で植物を育てたいと思っても、小さなお子さんやペットがおられるご家庭では「手の届くところに植木鉢を置きたくない」という方も多いと思います。

そんなときにおすすめしたいのが、ハンギングプラント。

 

 

上手工作所のオリジナル金物の中で、簡単にハンギングができるものをご紹介します。

 

左から…アイボルトフック(税込1,296円)、アイプレートL(税込1080円)、アイプレートS(税込864円)

 

 

実際に天井にビス止めしたアイボルトフックに色々と吊下げてみました。

アイボルトフックにひとつだけグリーンを吊っても、ふたつのアイボルトフックにパイプを渡してたくさん吊っても、お部屋はいちだんと居心地のいい空間に生まれ変わります。

 

 

 

そしてハンギングアイテムとして、天井吊り金物の新しいラインナップが出来上がりました。

 

 

 

■コの字タイプ


天井から450伉濂爾欧蕕譴織僖ぅ廚蓮▲哀蝓璽鵑筺△舛腓辰箸靴人良を掛けるのにちょうどいい高さです。

 

 

 

■L字タイプ


片方は天井から、もう片方は壁に支持するL字タイプは壁際まで有効活用ができます。

 

 

 

これらのハンガーパイプは、黒皮鉄の飾らず無骨な質感がハンギングするものをより一層格好良く演出してくれます。

ランドリールームなど人目に付かない空間のほか、お家のリビングやショップの什器など、お客様が出入りされる空間でも生活感を感じさせることなくハンギングが楽しめます。

もちろん洗濯物の部屋干しや、脱いだ服をちょっと掛けておくスペースとしてなどの便利な使い方もできますね。

 

 

上記の2パターンを含めた天井吊り金物のラインナップを、近日上手工作所オンラインショップで販売を開始いたしますので、もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

春が待ち遠しい今日この頃。

暖かくなるとグリーンも育てやすくなりますので、ぜひハンギングで格好良く、また居心地のいいお部屋作りを楽しんでみてください。

 

 

 

onlineshop

 

 

 

 

 

新商品、続々…。

 

 

上手工作所では、毎週木曜日のお昼休憩にスタッフ全員で「ランチミーティング」と呼ばれる会議を行います。

このミーティングでは日々の業務改善についての話し合いや、スタッフ同士の意見交換、新商品についてなどの話し合いを行っています。

 

そのミーティングでほぼ毎週話し合われているのは、新商品について。

 

社長のアイディアをもとにスタッフで意見を出し合いながら、お客様のニーズに合うサイズや形、取付方法などを話し合って作り上げていきます。

時には意見がまとまらず、お昼休憩の時間を超えてまで話し合いは続きます。

 

その後試作品を作り、実際に取り付けて問題点がないかを検証し、写真撮影を行ってはじめて上手工作所オンラインショップで販売を開始します。

 

そんな新商品が毎月数点、上手工作所オンラインショップに登場するのですが…。

日々の業務に追われ、なかなか新商品のご案内ができていない状況です。

 

そこで最近発売された商品をいくつかご紹介!

 

 

マガジンラック用角座転び止め 4,500円(税込4,860円) 〜

 

壁面や家具に転び止めと受金物を取り付けることによって、マガジンラックとしてお使いいただけます。

サイズは"S"と"L"がありますので、取付け場所や並べたい本の数などによってお選びください。

 

待合スペースの雑誌置きとして、リビングで読みかけの本を置くなど、様々なシーンで使える便利なアイテムです。

「転び止めのみ」「受金物のみ」「転び止めと受金物のセット」のバリエーションがあります。

 

発売開始して間もないのですが、たくさんのお客様にお選びいただき人気商品となりそうです。

 

 

 

アンティーク 木製糸巻 1,500円(税込1,620円) 〜

 

 

製糸工場で使われていたアンティーク糸巻き。

使い込まれた風合いが格好良く、また温かみも感じられます。

 

ふたつと同じものはなく、それぞれが違った表情していますので、いくつか並べて使うのも面白いですね。

グリーンとの相性もバツグンです!

 

 

 

■マグネットボード 6,000円(税込6,480円) 〜

 

 

その名の通り、「磁石のひっつくボード」です。

 

亜鉛板の表面はバイブレーション加工が施されていて、独特の鈍い光り方が美しく、使い込まれたよう風合いを出しています。

合板を先に壁に取り付け、その上に亜鉛板をかぶせることによって取付けビスが隠れますので、見た目にもスッキリとしています。

 

キッチンでレシピを張ったり、デスク周りに大切なメモを張っておくなど、生活に密着した便利品ですね。

そして便利なだけでなくインテリアにも馴染むマグネットボードは、二度おいしいアイテムです。

 

 

 

 

今回は最近発売が開始された3アイテムを紹介しましたが、まだまだみなさんに知ってほしい、見てほしいアイテムが上手工作所にはたくさんあります。

そしてもうすぐ発売を予定しているアイテムも多数あるんです。

 

ぜひ定期的に上手工作所オンラインショップをチェックしてください。

新しい発見があること間違いなしですよ!!

 

 

 

 

 

onlineshop

 

 

あけましておめでとうございます2018

旧年中はお世話になりありがとうございました、本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて2018、ついに来てしまいました、というのも昨年の春頃から密かに移転場所を探していたのですが、昨年末についに

良い返事を頂きまして、この1月末から移転に向けての大工事に取り掛かります。上手工作所ではこれにともない工務部が発足、

協力業者様と共に、安全第一を徹底して8月初旬完成を目指してまいります。この模様はまたお知らせさせていただきます。

 

木工部、鉄工部、クロデン、も昨年同様+お客様に選んで頂けるよう奮闘してまいります。

今年1年どんなドラマがあるか、恐ろしくも楽しみな1年になりそうです。

 

 

 

 

 

たかが箱、されど箱。Ritsu【立】杉 スツール

一見ただの箱にしか見えない、"Ritsu"と名付けられたこの杉スツール。

 

女性スタッフ2人で写真撮影に行ったとき「なんか、オモチャみたいで可愛い。」とテンションが上がりました。

そこから2人でどんどんとイマジネーションを膨らませ、「どのように使えば便利かな。どのように配置すれば楽しいかな。」と、2人で試行錯誤しながら色々なアイディアを出し合い、撮影を進めていきました。

 

 

■CASE.1

まずは1つ。

ソファのサイドテーブルや、もちろん単体でスツールとしてもお使いいただけます。

 

■CASE.2

2つ並べれば、ちょっとしたベンチのようになりました。

 

 

■CASE.3

そして6つ。

ランダムに並べられた空間は、公共施設にある休憩スペースのように。

壁際に規則的に並べれば、待合スペースのようになりました。

 

 

■CASE.4

4つをテーブルとして、2つをスツールとして使うと、CAFEスペースを作ることだってできるんです。

 

 

■CASE.5

使わないときは壁際に重ねると棚になります。

ひとつひとつが独立した箱なので、必要な時に、必要な数を使えるところも魅力的ですよね。

 

 

樹齢200年以上の希少な天然杉を張り合わせた積層材で作られた"Ritsu"は、表面はうづくりで仕上げられていますので、木目が美しく浮き立ち、木の温かみを肌で感じることができます。

 

 

たかが箱、されど箱。

 

箱から生まれる、さまざまな空間。

もちろん1つでも活躍してくれるアイテムですが、複数個を組み合わせることによって、フレキシブルにお使い頂けるのが"Ritsu"のいいところ。

 

ぜひ、機能的で温かみのある空間作りに使って頂きたい商品です

 

 

 

Ritsu【立】杉 スツール  ▶こちら

 

 

 

onlineshop

 

 

変り種3枚

変わった天板3枚入荷しました。

 

神代杉輪切り 1000x1200x95と150

 

栗虫食い 700x2000x45

 

神代杉は恐らく東北の鳥海山辺りのモノだと推測しています、紀元前400年頃の噴火で火山灰に埋もれて、ダム工事かトンネル工事により出てきたモノと思います。神代杉の多くはパサパサで天板には不向きなモノが多いですが、これはテーブルにも抜群なものだと思います。

この木目見てください、細かくシルキーで山の地形図見たいに複雑です、奇跡の1枚です。

 

栗も特有のピンホールの虫食いが沢山出ていますが、それでもこの栗は美しく、この穴、虫食いが洒落ています。

 

来年で明治維新から150年だそうです、随分前に感じますが、たった150年前、私ももうすぐ50年、あっという間です、しかし

2500年前の神代杉スケールが違います、是非見て頂きたいものです。

 

これをみてびっくりしました、タスマニア(オーストラリアの南の島)と同じ格好なのです、私が最近最も行きたい場所です、

そういうことか!

 

大天板祭&アウトレットセール情報 Vol.8

SALEの為にちょっとお得な商品を手持ちのパーツから作ってみました。
あるものを売るのではなく作ってしまうところが?なんですけどそこが上手工作所らしいですかね。

今日紹介するワゴンはなかなか見た目もよくほぼ材料費のみの価格になっています。
数台はご用意しています。S 12000円(税別) L15000円(税別)です。ほぼ60%OFF お楽しみに。

大天板祭&アウトレットセール情報 Vol.7

 

11/4(土)、5(日)の大天板祭とアウトレットセールと同時開催で

「Find MORE BOU rediscover クロデン」の展示会を致します。

用途に合わせて組み換え、拡張可能なBOUシリーズに、照明を含む新たなパーツが追加!

一足お先にお披露目をさせていただきます。


パイプを構造の軸としており電気配線を兼ねることができるBOUシリーズの新たな可能性を探る展示となります。
SHOT BRAIN 眼鏡店
designer :中川泰章(muura)
photographer :Stirling Elmendorf Photography

 

 

イベント当日に向けて、急ピッチで準備が進んでおります。